XHTML1.1モジュール

XHTML1.0 はこれまで HTML で書かれていた既存コンテンツを XHTML へスムーズに移行することを第一の目的とし、さらに XHTML1.1 では、1歩進んでこれまで非推奨として残されていたレイアウト的な要素を全て取り除き、文書の構成要素を小さな単位に分けて定義し、これらを組み合わせることで多様なデバイスや環境に柔軟に合わせた独自のタグセットを設計できるようにモジュール化という考えで再形式化されています。

モジュール化により再形式化とは、PCブラウザだけでなくモバイル・デバイス(携帯電話など)、テレビ(テレビベースのウェブブラウザ)など多種多様な UA が利用することを想定して、一部のモジュールのみをサポートできるように、または独自に定義したモジュールを組み合わせたり、必要な機能だけを選択することができる設計になっています。

たとえば、開発ベンダーであれば自社製品の使用用途に応じた必要限の機能のみの実装を行ったり、ユーザ側では必要に応じて機能を追加したりなどの使い方ができるようになることが想定されます。用途次第では、最低限の基盤となるコアモジュールである Structure(構造)モジュール, Text(テキスト)モジュール, HyperText(ハイパーテキスト)モジュール, List(リスト)モジュールのみを実装したデバイスなどが今後出てくることがあったりするのかもしれません。

Structure(構造)モジュール

body
HTML文書の本体を表す
head
文書に関する表題、キーワード、関連文書などの各種の情報を記述
html
文書の構成要素、HTML文書はすべてこの要素内に記述
title
文書の表題(タイトル)を示す

Text(テキスト)モジュール

abbr
長い単語や語句の略語であることを示す
acronym
頭字語(一つの単語として発音される略語)を示す
address
ドキュメント作成者やサイト運営者の連絡先を示す
blockquote
ブロックレベルを含む文章の引用であることを示す
br
文書中のテキストを強制的に改行する
cite
引用元や他のリソースの参照を明示
code
コンピューターのプログラムコードであることを示す
dfn
専門用語などの定義される用語を表す
div
区切りとしてひとつのまとまりを定義する
em
要素内の語句を強調していることを示す
h1-h6
内容が一目でわかる見出しを示す
kbd
ユーザがキーボードから入力するテキストを示す
p
段落を示す
pre
要素内のテキストが整形済みであることを示す
q
インラインレベルの文章の引用であることを示す
samp
プログラムやスクリプトの出力結果であることを示す
span
インライン要素やテキストをまとめることを定義する
strong
要素内の語句を強く強調していることを示す
var
プログラムの変数や引数を示す

HyperText(ハイパーテキスト)モジュール

a
ページ内の指定箇所にアンカーを作成

List(リスト)モジュール

dd
dl要素内で定義型リストの語句の説明を記述する部分を指定
dl
項目・内容の2つから成り立つ定義型リストを作成
dt
dl要素内で定義型リストの項目部分を指定
li
ul要素, ol要素の中に並べて、リスト項目を作成
ol
序列・順番を示す番号順リストを作成
ul
項目を並列的に列挙する箇条書きリストを作成

Presentation(プレゼンテーション)モジュール

b
要素内のテキストを太字で表示
big
要素内の文字を初期値より一段階大きい文字で表示
hr
水平方向に罫線を表示
i
要素内のテキストをイタリック体(斜体)で表示
small
要素内の文字を初期値より一段階小さい文字で表示
sub
下付き文字を表示
sup
上付き文字を表示
tt
要素内の文字を等幅フォント(固定幅フォント)で表示

Edit(編集)モジュール

del
指定範囲が削除されたことを示す
ins
指定範囲が新しく挿入されたことを示す

Forms(フォーム)モジュール

button
汎用押しボタンを作成
fieldset
フォームのコントロール部品を囲んでグループ化
form
フォームのコントロール部品をまとめる
input
フォームのコントロール部品となる入力用オブジェクトを作成
label
フォームのコントロール部品の各部の説明を示す
legend
fieldset要素でグループ化したフォームのコントロール部品に見出しを指定
option
select要素の選択メニューの中で選択項目の各項目を指定
optgroup
select要素の選択メニューの中で選択項目の option要素をグループ化
select
フォームのコントロール部品の1つとして、選択メニューを作成
textarea
数行のテキスト入力欄を作成

Tables(テーブル)モジュール

caption
table要素内で表(テーブル)のキャプションを指定
col
table要素内で表(テーブル)の横列にまとめて属性をつける
colgroup
table要素内で表(テーブル)の横列をまとめてグループ化
table
表(テーブル)を規定
tbody
表(テーブル)の本体を示す
td
表(テーブル)のセルを指定
tfoot
表(テーブル)のフッタ部分であることを示す
th
表(テーブル)の中で見出しとなるセルを指定
thead
表(テーブル)のヘッダ部分であることを示す
tr
表(テーブル)の行を指定

Bi-directional Text(双方向テキスト)モジュール

bdo
Unicode で定義されている書字方向を無効にして上書きする

Image(イメージ)モジュール

img
指定した部分にイメージ(画像)を埋め込む

Object(オブジェクト)モジュール

object
オブジェクトを埋め込む
param
オブジェクトの実行時に与える必要があるパラメータ値を設定

Client-side Image Map(クライアントサイド・イメージマップ)モジュール

a
有効範囲となる領域の座標と形を指定
area
有効範囲となる領域の座標と形を指定
img
クライアントサイド・イメージマップとの関連付け
input
クライアントサイド・イメージマップとの関連付け
map
クライアントサイド・イメージマップを作成
object
クライアントサイド・イメージマップとの関連付け

Server-side Image Map (サーバサイド・イメージマップ)モジュール

img
イメージの中でクリックされた座標を受信側サーバに送信
input
イメージの中でクリックされた座標を受信側サーバに送信

Metainformation(メタ情報)モジュール

meta
HTML文書に関する様々な情報を示す

Scripting(スクリプト)モジュール

noscript
スクリプトの実行が不可能な環境の場合に、代替テキストとして表示
script
スクリプトを組み込む

Style Sheet(スタイルシート)モジュール

style
head要素内に製作者スタイルシートを組み込む

Base(ベース)モジュール

base
参照先の基準となる相対URIを指定

Ruby Annotation(ルビ)モジュール

rb
ruby要素の中でルビを振る対象となるベーステキストを記述
rbc
複合ルビを使用するときに、ルビを振る対象となるrb要素をまとめる
rp
ルビに対応していないブラウザでもルビの内容を示す
rt
ruby要素の中でルビの部分となるルビテキストを記述
rtc
複合ルビを使用するときに、ルビテキストとなるrt要素をまとめる
ruby
振り仮名の「ルビ」を作成する
Updated / Published