p要素(paragraph)は段落を示します。段落とは、ひとつの文章の内容的なまとまりを示す単位であり、この文章のまとまりの集合体がひとつの文書として構成されています。視覚環境の UA では表示域の左右いっぱいまでの範囲を占め、前後に改行を置き、上下に1行分の余白をあけた表示になります。p要素内にブロックレベル要素を含んだり、p要素を入れ子にすることはできません。

p要素は段落を示すものであって、上下にできる余白を改行のために使用したりすることは認められておらず、内容の含まれていない空の p要素について、UA はそれを無視することが推奨されています。余白の調節については CSSmarginプロパティで指定するようにしましょう。

バージョン
  • HTML4.01(S,T,F)
  • XHTML1.0(S,T,F)
  • XHTML1.1
要素型
ブロックレベル要素
開始タグ
必須
終了タグ
  • XHTML 必須
  • HTML4.01 省略可
非推奨
-
内容モデル

align属性

バージョン
  • HTML4.01(T,F)
  • XHTML1.0(T,F)
指定要素
必須
-
非推奨
  • 非推奨
  • HTML4.01 strict 廃止
  • XHTML1.0 strict 廃止
  • XHTML1.1 廃止
属性値
  • left
  • right
  • center
  • justify

要素内のテキストや画像などのインライン内容(行内容)の揃え方を指定します。値には次の4つのキーワードがあります。キーワードは半角アルファベットの大文字・小文字が区別されません(case-insensitive)。

left
要素内のインライン内容を左揃えに表示する
right
要素内のインライン内容を右揃えに表示する
center
要素内のインライン内容を中央揃えに表示する
justify
要素内の文字を均等に配置し、テキストを両端揃えで表示する

align属性は非推奨のため、CSS の text-alignプロパティで代替することが推奨されています。

その他の属性

共通属性
イベント属性
Updated / Published