Web Standards

Web標準(Web Standards)とは、WWW(World Wide Web)上で標準的に利用される技術のことです。HTML(HyperText Markup Language), CSS(Cascading Style Sheets), JavaScript などの仕様は、W3C(World Wide Web Consortium), ISO(International Organization for Standardization), IETF(Internet Engineering Task Force), ECMA(European Computer Manufacturer Association)等の国際的な組織によって策定されています。現時点での Web標準の定義とは、正しい(X)HTML + CSS による文書の構造と装飾(プレゼンテーション)を分離することで文書の情報的価値を最大限にまで発揮させることを指します。

つまり、Web標準仕様に準拠することで誰でもアクセスできて、どんな環境(コンピュータ)からでも利用することのできるウェブページのユニバーサルデザインが目指し、ウェブサイト全体の品質を高めることを目的としています。また、Webを閲覧するためのアプリケーションソフトである Internet Explorer, Mozilla Firefox, Safari, Google Chrome, Opera などのブラウザも、標準技術の仕様をサポートするように開発され、それに準拠していることを謳い文句としています。

本稿では、(X)HTML + CSS の技術情報に加え、より良い・より正しいウェブサイトを作るための Web標準仕様に準拠したウェブページ作りの手引きとなるテクニック集を取り扱っています。

Updated / Published