q要素(short inline quotation)はインラインレベルの(比較的短い)文章の引用であることを示します。インラインレベルの引用に対してブロックレベル要素を含む(比較的長い)文章の引用であることを示す場合には blockquote要素を使用します。

Internet Explorer8以上, Firefox, Safari, 旧Presto版Operaでは、q要素をセレクタCSSquotesプロパティで、q要素の内容の先頭と最後に引用符が追加された状態でレンダリング(描画)されることになります。しかし、Internet Explorer 6, 7はquotesプロパティに対応しておらず、Chrome, Blink版Operaのquotesプロパティの初期値は空文字のため引用符は追加されていません。

バージョン
  • HTML4.01(S,T,F)
  • XHTML1.0(S,T,F)
  • XHTML1.1
要素型
インライン要素
開始タグ
必須
終了タグ
必須
非推奨
-
内容モデル

cite属性

バージョン
  • HTML4.01(S,T,F)
  • XHTML1.0(S,T,F)
  • XHTML1.1
指定要素
必須
-
非推奨
-
属性値
URI

引用文の引用元を示す属性で、値には引用元のURIを指定します。URIはリソースの所在(URL)や名前(URN)にあたります。書籍はWWW上において「所在(URL)」という概念で結びつけることができないので、リソースを永続的な名前によって識別するURNとしてISBNコードをcite="urn:isbn:ISBNコード"の形式で指定します。

その他の属性

共通属性
イベント属性
Updated / Published