option要素(selectable choice option)は選択可能なオプションを作ります。select要素の中で選択メニューの個々の選択肢となります。選択肢が複雑であったり、選択肢の数が多くなり見通しが悪い場合には、optgroup要素で選択項目をまとめてグループ化し、選択項目の内容を視覚的にわかりやすくすることができます。HTML4.01 では終了タグを省略可能です。

バージョン
  • HTML4.01(S,T,F)
  • XHTML1.0(S,T,F)
  • XHTML1.1
要素型
開始タグ
必須
終了タグ
  • XHTML 必須
  • HTML4.01 省略可
非推奨
-
内容モデル
テキスト

disabled属性

バージョン
  • HTML4.01(S,T,F)
  • XHTML1.0(S,T,F)
  • XHTML1.1
指定要素
必須
-
非推奨
-
属性値
  • disabled
  • disabled="disabled"(XHTML

ユーザによる選択項目を選択する操作を禁止します。選択が禁止されたコントロール部品の値(この場合は option要素の value属性の値)は選択できないため、データ送信時にも送信されません。HTML4.01 では disabled、XHTML では属性値を省略できないため disabled="disabled" と記述します。

label属性

バージョン
  • HTML4.01(S,T,F)
  • XHTML1.0(S,T,F)
  • XHTML1.1
指定要素
option
必須
-
非推奨
-
属性値
文字列

各選択肢に option要素の内容となっているテキストそのものよりも簡略化した見出しを指定します。option要素を optgroup要素の中に入れる場合に使います(optgroup要素のサンプル参照)。これによりグループ化選択用のレンダリングを行うことが期待されます。Safari, Chrome, Blink版Operaでは仕様通りに簡略化した label属性の値の方を表示に反映しますが、それ以外の UAlabel属性の指定は無視され、そのまま option要素の内容を表示に反映します。

selected属性

バージョン
  • HTML4.01(S,T,F)
  • XHTML1.0(S,T,F)
  • XHTML1.1
指定要素
option
必須
-
非推奨
-
属性値
  • selected
  • selected="selected"(XHTML

選択メニューの選択肢の中で selected属性が指定された項目は、ページを読み込んだ初期状態から選択している状態になります。なお、複数の選択肢の中でいずれかの項目に selected属性が指定されていなければ、UA の動作は保証されないと定義されているため、必ず選択メニューの中でいずれかの選択肢に selected属性を指定しておくことが推奨されています。HTML4.01 では selected、XHTML では属性値を省略できないため selected="selected" と記述します。

value属性

バージョン
  • HTML4.01(S,T,F)
  • XHTML1.0(S,T,F)
  • XHTML1.1
指定要素
option
必須
-
非推奨
-
属性値
文字列

選択肢の値を指定します。データ送信時にユーザがどの選択肢を選んだかは、select要素に指定された name属性の値とセットになって送られてきます。

その他の属性

共通属性
イベント属性
Updated / Published