body要素(document body)は文書の本体を表します。最大の親要素(ルート要素)である html要素の第一の子要素であり、文書の基本情報を定義するhead要素とは兄弟要素にあたり、head要素の次に並んで登場します。見出しや段落、リストや表など文書そのものを構成する内容はすべて body要素に包含され、UAbody要素の内容を本体として表示します。音声出力・点字出力の非視覚環境においても、body要素の内容から表現(読み上げ)し始めることが期待されます。

body要素には当該ページ全体の背景色・背景画像・文字色・各リンクアンカーの色を指定できる属性がありますが、これら見栄えに関する属性は全て推奨されない属性として、CSS による代替指定が推奨されています。また、HTML4.01 strict, XHTML1.0 strict, XHTML1.1ではテキストやインライン要素をbody要素の直下に置くことができません。必ず直接の子要素には、p要素やdiv要素などのブロックレベル要素を内容にしなければなりません。

バージョン
  • HTML4.01(S,T,F)
  • XHTML1.0(S,T,F)
  • XHTML1.1
要素分類
html要素の第一の子要素
開始タグ
  • XHTML 必須
  • HTML4.01 省略可
終了タグ
  • XHTML 必須
  • HTML4.01 省略可
非推奨
-
内容モデル

background属性

バージョン
  • HTML4.01(T,F)
  • XHTML1.0(T,F)
指定要素
body
必須
-
非推奨
  • 非推奨
  • HTML4.01 Strict 廃止
  • XHTML1.0 Strict 廃止
  • XHTML1.1 廃止
属性値
URI

背景画像を指定します。画像は表示域に合わせて縦横に繰り返しページ全体に敷き詰められて表示されます。背景画像を指定する場合の注意点は、text属性を参照してください。値には画像の所在をURIで指定します。bgproperties属性と組み合わせることで背景を固定して表示することが可能です。CSS の background-imageプロパティで代替することが推奨されています。

background属性といっしょに背景色を指定する bgcolor属性も指定した場合、先にbgcolor属性に指定された背景色を表示した後に、その上から背景画像が表示される形になります。なお、何らかのトラブルで画像が表示できない場合や、画像表示に対応していない・画像を表示しない設定にしている環境のために背景色が文字色と似通った色で文字が読みづらくなることのないように背景色と文字色のコントラストができるだけ高くなるように背景画像を指定する場合は bgcolor属性と text属性もあわせて指定しておくようにしましょう。

bgcolor属性

バージョン
  • HTML4.01(T,F)
  • XHTML1.0(T,F)
指定要素
body
必須
-
非推奨
  • 非推奨
  • HTML4.01 Strict 廃止
  • XHTML1.0 Strict 廃止
  • XHTML1.1 廃止
属性値

ページ全体の背景色を16進数RGB値、またはカラーネームで指定します。背景色を指定する場合の注意点は、text属性を参照してください。CSS の background-colorプロパティで代替することが推奨されています。

bgproperties属性

バージョン
Internet Explorer の独自機能
指定要素
body
必須
-
非推奨
-
属性値
  • 1
  • fixed
  • 0

Internet Explorerが独自に採用した機能です。背景画像の表示を固定させるか否かを指定する属性です。background属性と組み合わせて使います。Internet Explorerの独自機能ですが、Opera, Safari, Chromeも対応しています。縦長のページでスクロールするとページの内容と一緒に背景画像も移動してしまい、文字が読みづらくなることがあります。そこで背景画像を設定している場合に背景画像を固定表示することによって、縦長のページでスクロールしても見やすくさせる効果があります。

値には、背景を固定表示する場合の "1"、またはキーワードの "fixed"、背景を固定しない場合には "0" を指定します。仕様には定義されていない独自機能のため bgproperties属性を使用するのではなく、CSS の background-attachmentプロパティで代替することを推奨します。

bottommargin属性

バージョン
Internet Explorer の独自機能
指定要素
body
必須
-
非推奨
-
属性値
整数(pixels)

Internet Explorerが独自に採用した機能です。ページ下部に設ける余白を整数(ピクセル数で解釈)で指定をします。余白の調節は CSS の marginプロパティで代替することを推奨します。

leftmargin属性

バージョン
Internet Explorer の独自機能
指定要素
body
必須
-
非推奨
-
属性値
整数(pixels)

Internet Explorer が独自に採用した機能です。ページ左部に設ける余白を整数(ピクセル数で解釈)で指定をします。余白の調節は CSS の marginプロパティで代替することを推奨します。

marginheight属性

バージョン
Netscape Navigator の独自機能
指定要素
body
必須
-
非推奨
-
属性値
整数(pixels)

Netscape Navigator が独自に採用した機能です。ページの上下に設ける余白を整数(ピクセル数で解釈)で指定をします。余白の調節は CSS の marginプロパティで代替することを推奨します。

marginwidth属性

バージョン
Netscape Navigator の独自機能
指定要素
body
必須
-
非推奨
-
属性値
整数(pixels)

Netscape Navigator が独自に採用した機能です。ページの左右に設ける余白を整数(ピクセル数で解釈)で指定をします。余白の調節は CSS の marginプロパティで代替することを推奨します。

rightmargin属性

バージョン
Internet Explorer の独自機能
指定要素
body
必須
-
非推奨
-
属性値
整数(pixels)

Internet Explorer が独自に採用した機能です。ページ右部に設ける余白を整数(ピクセル数で解釈)で指定をします。余白の調節は CSS の marginプロパティで代替することを推奨します。

text属性

バージョン
  • HTML4.01(T,F)
  • XHTML1.0(T,F)
指定要素
body
必須
-
非推奨
  • 非推奨
  • HTML4.01 Strict 廃止
  • XHTML1.0 Strict 廃止
  • XHTML1.1 廃止
属性値

ページ全体の文字色を指定します。背景色や背景画像を指定した場合は、必ず文字色もあわせて指定するようにします。なぜならウェブページ側の背景色を白色や白っぽい画像に指定していたとしても、ユーザの環境(UAの環境設定)が必ずしも文字色を黒色にしているとは限らないからです。また、背景色は文字色と似通った色を指定していると文字が読みづらくなるため、背景色と文字色のコントラストはできるだけ高い組み合わせになるように注意してください。ページ全体の文字色の指定は、body要素をセレクタとした CSS の colorプロパティで代替することが推奨されています。

topmargin属性

バージョン
Internet Explorer の独自機能
指定要素
body
必須
-
非推奨
-
属性値
整数(pixels)

Internet Explorer が独自に採用した機能です。ページ上部に設ける余白を整数(ピクセル数で解釈)で指定をします。余白の調節は CSS の marginプロパティで代替することを推奨します。

その他の属性

共通属性
イベント属性
Updated / Published