h1-h6要素(heading)は見出しを指定します。見出しを見れば文書の内容すべてに目を通さずともどのような内容がそこにあるのかが大まかにわかるように形成されていると良いでしょう。見出しを示す要素は全部で h1, h2, h3, h4, h5, h6 の6段階あり、視覚環境の UA では表示域の左右いっぱいまでの範囲を占め、前後に改行を置き、上下に1行分の余白をあけた表示となり、太字で、「h」に続く番号の数字が小さいほどフォントサイズは大きく表示されます。

フォントの大きさは、font要素の size属性に置き換えると、h1要素が "6", h2要素が "5", h3要素が "4", h4要素が "3", h5要素が "2", h6要素が "1" に該当します。ただし「h」に続く番号は文字の大きさを調節するための用途ではないので、文字サイズやウエイト(太さ)などは CSSフォント関連プロパティで調整することができます。

h1-h6要素はこれがこのページの「見出し」であるという構造を定義づけることに意味があります。最初に h1要素を使い、次に大きな項目となる部分を h2要素に割り当て、項目がさらに細かく分かれている場合は h3要素を使うというように、h1, h2, h3, h4, h5, h6 と順序良く適切なマーク付けが行われるべきです。ただし、実際に1つの文書内で使用するのは h1, h2, h3, h4 ぐらいまでで、h5, h6 まで使わなければらないような場合は、内容を細かく分けすぎていることも考えられるので、文書そのものを複数に分けた方が適切な場合も考えられます。

バージョン
  • HTML4.01(S,T,F)
  • XHTML1.0(S,T,F)
  • XHTML1.1
要素型
ブロックレベル要素
開始タグ
必須
終了タグ
必須
非推奨
-
内容モデル

align属性

バージョン
  • HTML4.01(T,F)
  • XHTML1.0(T,F)
指定要素
必須
-
非推奨
  • 非推奨
  • HTML4.01 strict 廃止
  • XHTML1.0 strict 廃止
  • XHTML1.1 廃止
属性値
  • left
  • right
  • center
  • justify

要素内のテキストや画像などのインライン内容(行内容)の水平(左右)方向の揃え方を指定します。値には次の4つのキーワードがあります。キーワードは半角アルファベットの大文字・小文字が区別されません(case-insensitive)。

left
要素内のインライン内容を左揃えに表示する
right
要素内のインライン内容を右揃えに表示する
center
要素内のインライン内容を中央揃えに表示する
justify
要素内の文字を均等に配置し、テキストを両端揃えで表示する

align属性は非推奨のため CSS の text-alignプロパティで代替することが推奨されています。

その他の属性

共通属性
イベント属性
Updated / Published