div要素(division)は区切りを意味するブロックレベル要素です。この要素自身が特に意味を持っているわけではなく、他の要素をグループ化(含まれた内容を一つの単位とする)し、文書に構造を付加することで文書の情報的価値を高めます。

div要素単体では align属性で内容の水平方向の揃え方を指定する見栄えの調節ぐらいの役割しかありませんが、まとめてlang属性XHTML では xml:lang属性)で言語情報や dir属性で書字方向に関する設定をしたり、id属性class属性を割り振って構造化したものに対し、CSSでのスタイリングやJavaScriptでのスクリプティングなどを効果的に併用できます。

バージョン
  • HTML4.01(S,T,F)
  • XHTML1.0(S,T,F)
  • XHTML1.1
要素型
ブロックレベル要素
開始タグ
必須
終了タグ
必須
非推奨
-
内容モデル

視覚環境の UA では上下に余白を設けられることはありませんが、表示域の左右いっぱいまでの範囲を占め、前後に改行を置いた表示になります。なお、div要素の役割はブロックレベルのグループ化であり、インラインレベル(インライン要素とテキスト水準)のグループ化には span要素が用意されています。

align属性

バージョン
  • HTML4.01(T,F)
  • XHTML1.0(T,F)
指定要素
必須
-
非推奨
  • 非推奨
  • HTML4.01 strict 廃止
  • XHTML1.0 strict 廃止
  • XHTML1.1 廃止
属性値
  • left
  • right
  • center
  • justify

要素内の内容の水平(左右)方向の揃え方を指定します。div要素の align属性は特別でテキストやインライン要素などの行内容だけでなく、横幅の指定されたブロックレベル要素にまで揃えが反映されます。値には次の4つのキーワードがあります。キーワードは半角アルファベットの大文字・小文字が区別されません(case-insensitive)。

left
要素内の内容を左揃えに表示する
right
要素内の内容を右揃えに表示する
center
要素内の内容を中央揃え(センタリング)に表示する
justify
要素内の文字を均等に配置し、テキストを両端揃えで表示する

align属性は非推奨属性のため、CSS による代替指定が推奨されています。行内容の行揃えには text-alignプロパティを、横幅の指定されたブロックレベル要素の左右揃えには marginプロパティを指定します。詳しくは、CSS によるブロックレベル要素の左右中央揃えを参照ください。

その他の属性

共通属性
イベント属性
Updated / Published