head要素(document head)はタイトル、文字コード、キーワード、要約文、関連文書、スタイルシート、スクリプトなどの文書に関する各種の情報を記述します。head要素内に記述された内容は視覚環境の UA には表示されませんが、適切に処理を行うための重要な情報となります。head要素の中には1つだけ必ず title要素を含める必要があります。それ以外のヘッダ内の情報は制作者が自由に定義することができます。XHTML1.0 には head要素に id属性がありますが、HTML4.01 と XHTML1.1 にはありません。

バージョン
  • HTML4.01(S,T,F)
  • XHTML1.0(S,T,F)
  • XHTML1.1
要素型
html要素の子要素
開始タグ
  • XHTML 必須
  • HTML4.01 省略可
終了タグ
  • XHTML 必須
  • HTML4.01 省略可
非推奨
-
内容モデル

head要素が内包できる要素は次の通りです(*宣言している文書型定義(DTD)により内包できる要素は異なります)。

base要素
文書間リンクやイメージ等の参照の相対URI の基準となる URI を指定します。
isindex要素
XHTML1.1 と strict バリエーション(厳密型)以外に指定可能、一行のテキスト入力欄を作成します。
link要素
文書と関連する別の文書の URI を示したり、外部からスタイルシート(CSS)を参照します。
meta要素
文書で使用する文字コードや文書に関する要約文やキーワードなどの情報を示します。
object要素
ページ上で動作させる外部アプリケーションを埋め込みます。
script要素
当文書のみに有効なスクリプト(JavaScript)を組み込みます。
style要素
当文書のみに有効なスタイルシート(CSS)を組み込みます。
title要素
文書のタイトルを示します。head要素の中に必ず1つだけ含める必要があります。

profile属性

バージョン
  • HTML4.01(S,T,F)
  • XHTML1.0(S,T,F)
  • XHTML1.1
指定要素
head
必須
-
非推奨
-
属性値
URI

メタ情報(meta要素参照)を定義しているプロファイルの URI を示します。メタ情報のプロファイルとは meta要素の name属性で指定した情報の値(author, description, keyword など)を定義するものです。文書を処理する各種ソフトウェア(UA)は profile属性で指定された URI を参照し、name属性で指定された情報の値の定義を認識します。しかし、profile属性はほとんど活用されておらず、HTML5では廃止されました。

その他の属性

共通属性
Updated / Published