ol要素(order list - numbered styles)は序列・順番を示す番号順リストを作成します。番号順リストの各項目は li要素(list item)を並べて作ります。項目の順序が意味を持ったり、順立てた説明が必要な情報の場合に適しています。

視覚環境の UA では表示域の左右いっぱいまでの範囲を占め、前後に改行を置き、ol要素が定義された領域の上下に1行分の余白をあけて、各リスト項目の文頭に付くマーク(マーカー)には上から順に "1, 2, 3" と番号が自動でふられます。各リスト項目を定義する li要素の追加や削除を行っても、自動で順番をふってくれるので、番号のふり間違いをすることはありません。上下の余白については CSSmarginプロパティで調整でき、マーカーにつく数字の種類は list-style-typeプロパティで変更することもできます。

バージョン
  • HTML4.01(S,T,F)
  • XHTML1.0(S,T,F)
  • XHTML1.1
要素型
ブロックレベル要素
開始タグ
必須
終了タグ
必須
非推奨
-
内容モデル
li要素(1個以上)

compact属性

バージョン
  • HTML4.01(T,F)
  • XHTML1.0(T,F)
指定要素
必須
-
非推奨
  • 非推奨
  • HTML4.01 strict 廃止
  • XHTML1.0 strict 廃止
  • XHTML1.1 廃止
属性値
  • compact
  • compact="compact"(XHTML

compact属性が設定された場合、視覚環境の UA はリストの表示をなるべく狭い範囲でコンパクトに表示しようとします。非推奨属性で、どの UA も対応していません。HTML4.01では compact、XHTMLでは compact="compact" と記述します。

HTML5では、compact属性は廃止されました。

start属性

バージョン
  • HTML4.01(T,F)
  • XHTML1.0(T,F)
指定要素
ol
必須
-
非推奨
  • 非推奨
  • HTML4.01 strict 廃止
  • XHTML1.0 strict 廃止
  • XHTML1.1 廃止
属性値
整数

マーカーの数字の開始数値を指定します。li要素に個別に value属性 の指定がない場合は続く項目は指定のあった値から番号を継承します。

CSSで代替となるプロパティが用意されていないため、この場合は必要に応じて使用することは仕方ありません。

HTML5では、start属性は表示を操作するための扱いではないとして非推奨ではなくなりました。今後、廃止になることはありません。

type属性

バージョン
  • HTML4.01(T,F)
  • XHTML1.0(T,F)
指定要素
ol
必須
-
非推奨
  • 非推奨
  • HTML4.01 strict 廃止
  • XHTML1.0 strict 廃止
  • XHTML1.1 廃止
属性値
  • a
  • A
  • i
  • I
  • 1

リスト項目の文頭に付くマーク(マーカー)の種類を指定します。値には次の5種類のキーワードがあります(大文字・小文字の区別があります)。

a
a, b, c, d, ...
A
A, B, C, D, ...
i
i, ii, iii, iv, ...
I
I, II, III, IV, ...
1
1, 2, 3, 4, ...

なお、type属性は非推奨属性のため、CSS の list-style-typeプロパティで代替することが推奨されています。

HTML5では、ol要素におけるtype属性は序列の種類は意味をもち、表示を操作するための扱いではないとして非推奨ではなくなりました。今後、廃止になることはありません。順不同のリストを作成するul要素におけるtype属性は表示を操作する扱いのため廃止されました。

その他の属性

共通属性
イベント属性
Updated / Published