20年以上の長い歴史を持つ大型マッチングサービスで、2018年には同名映画「ハッピーメール」が公開されるなど映画業界が注目したマッチングサービスのアプリ。真面目な気持ちで出会いを求めているユーザーはほとんどなく、ライトやカジュアルな出会い目的で利用しているユーザーが多いのが特徴。
出会い
無料アプリ内課金あり
リリースiOS521055533リリースAndroidjp.co.i_bec.suteki_happy
最終更新
ブックマークする

売上ランキング(セルラン)

セルラン長期推移

ハッピーメール
の直近24カ月間 売上ランキング(セルラン)

App Store平均 ベスト85ワースト108
Google Play平均 ベスト162ワースト188

セルラン月間推移

App Store月間 ベスト85ワースト圏外
Google Play月間 ベスト170ワースト圏外

2024年1月App StoreGoogle Play
1119圏外
2圏外圏外
3155圏外
4123圏外
5106圏外
693圏外
787圏外
886圏外
988圏外
1091197
1185184
1298182
1397171
1492170
1591175
1695173
1791170
1889175
1998175
20108175
2197178
2292183
2393181
2490183
2592183
26102180
2799178
2888178
2989173
3093176
3196179
月間平均
101
*不正確
月間平均
185
*不正確

推定売上 (国内)

©Game-i 予測

2023年33億7,700万
2022年34億2,500万
2021年34億800万
2020年29億6,000万
2019年35億300万
2018年30億7,700万

ハッピーメールの売上は、Game-iによると2023年が33億7,700万、2022年の34億2,500万と比べて98%でやや減少傾向にあります。

登録者数

  • この指標は、現会員数ではなく退会者を含む累計登録者数を指します。

国内登録者数推移

登録者数
2000年8月サービス開始
2011年500万人
2015年1,000万人
2019年2,000万人
2020年2,500万人
2022年3,000万人

ハッピーメールは、2000年8月にサービスを開始し、国内での登録者数は2022年時点で累計3,000万人を突破したことが報告されています。

肉食女子に人気のアプリ

ハッピーメールのアプリの利用者は「デート目的」の男女が多数で気軽な出会い目的で出会いやすいアプリと言われています。

女性は完全無料、男性はメッセージのやりとりから有料という他のマッチングアプリと課金システムは変わりませんが、「メール1通50円」「プロフ閲覧0円」など、トップクラスに安い料金体系でサブスクリプションの他のマッチングアプリに比べて利用しやすくなっています。

ただし、援助交際・デリバリーヘルスの打ち子やマルチ商法・詐欺ビジネスなどに勧誘してくる業者と呼ばれるユーザーが多くいるとのレビューも多くあります。

話題性に事欠かない出会い系アプリ

2018年4月に新潟県元知事の米山隆一氏がハッピーメールを通じて知り合った女子大生2人に、1回3万円、知事当選後は4万円を渡して体の関係を持っていたという文春砲による辞任騒動があり、この騒動によってハッピーメールは「本当に女子大生と出会えるんだ」と大きく評判を集めました。

さらに、翌月の2018年5月には元AKB48の野呂佳代を映画初主演として大抜擢した恋に不器用な4人の男女が大手マッチングアプリの「ハッピーメール」を通じて秋葉原の街で出会い、幸せに近づいたり、遠ざかったりを繰り返すアンサンブル・ラブコメディーの同名映画である「ハッピーメール」が公開され、さらに話題を集めたことで一気に利用者数を増やしていきました。

2000年8月にサービスを開始し、2015年に15年掛けて累計登録ユーザー数1,000万人到達から、ニュースや映画効果で急激に登録ユーザーを伸ばし、2022年6月には累計登録ユーザー数は3,000万人に到達しており、7年間で2,000万人登録者を増やしています。

開発・運営情報

iBEC
iBEC (アイベック)
主国籍
会社紹介

1981年に設立された福岡県福岡市に本拠を置く、インターネット関連事業および貸しビル ・コインパーキングなどの総合サービス業を展開する会社。

レビュー

  • 非ゲームアプリは参考レビューのみの表示です。
  • 総合評価 1/5
    星はゼロです

    ハッピーメールは業界最多登録者数がどうのって言ってるだけで、出会いを求めてる女の子のレベルが最悪。
    5人会ったけど、全員が全員、何とか騙してお金を巻き上げて逃げることしか考えて無い。
    この前待ち合わせした東京の30代前半『 あかり 』って女は、上手く誘導してラブホに連れ込んで「もう部屋に入ったんだからお金払って」と言い、険悪なムードに。
    『 ちょっとハッピーメールの画面見してくれへん?』
    って言うから見せたら奪ってアッという間にやり取りを削除。
    お金渡してから鍵かけて警察に電話してやろうとしたけど、それを察知して奪うようにお金を取って非常階段をダッシュで降りて逃げた。

    それが早いのなんの。
    そんな女しかいない。ハッピーメールは業界最多の登録者数かもしれないが、出会いを求めているのはお金目当ての詐欺師しかいない。

    そして、勝手に削除してお金取られた事を事務局に通報したら
    『警察に言ってください。ハッピーメールは関係ないし、登録者の削除もしない』
    の一点張り。

    女の子の質も最悪ならば、事務局の対応も最悪。

    絶対にここで出会って、淡い期待を抱いて軽々しく会ってはいけない。
    っていうか、このハッピーメールに登録したら終わり。
    お金を無駄に使うだけ。

    App Store
  • 総合評価 1/5
    不正投稿の実態

    周知の通り、ハッピーメールは『アプリ版』と『web版』ある。前者はアダルト要素を排除した【ピュア掲示板】のみに対し、後者は【ピュア掲示板】とアダルト要素容認の【その他掲示板】の2つのカテゴリーが存在する。

    無論『web版』の方が利用度が高く、特に【その他掲示板】は、風俗業者(パパ活などの個人営業含む)の巣窟になっており、有益な広告塔として、美形・可愛い系の盗用顔写真を載せて、性的な表現を用い『いつ、どこで』と言った誘惑メッセージが満載であるのは承知の通り。

    さて、我々一般男性は、長文であれ、一文字でさえ、メッセージ1送信につき課金(ポイント消費)される。

    それを前提に、ご当地【大阪府】の【その他掲示板】の女性投稿を見ると、顔写真付きで、1人(アカウント)で同時刻に複数回(2〜4回)投稿している者が居る。これが1人や2人ならまだしも、極めて短時間に複数の人物が同じパターンの投稿が続く事が頻繁にある。

    具体的に言うと11/1 12:04〜12:25 僅かな時間に、一度に複数回(2〜4回)の投稿者が実に57人(9割が顔写真付)が、掲示板にゴミの山を築いた。時間帯によっては掲示板の全投稿の半数以上にも及ぶ。今も実態は変わらない。

    一般女性が、自ら顔写真を晒し、複数の投稿ジャンルを使って一度に2〜4回も重ねて投稿するだろうか? しかも毎日毎日 同じ内容を繰り返して投稿するだろうか?

    狂気の沙汰としか言いようが無い!

    運営にはサポート問い合わせ窓口には

    ⚫︎1人(アカウント)の1日投稿制限

    ⚫︎1人(アカウント)の1回あたりの多重投稿の禁止

    強く要請しているが、全国主要都市の掲示板活性化の為には、一定の投稿数(量)の確保が必要不可欠と言うのが運営の基本方針の様で、特定業者(特定人物)によるなりすまし不正投稿の実態を充分に認識していながら、度重なる通報の一切を無視し、不正投稿を放置している。

    挙句の果てに『参考になった』の上位にあるこのレビューに対して、何一つコメントをする事も無く数日後に勝手に削除する始末。何度消された事か?

    これが不正投稿に対する運営のスタンスである事を利用者の皆さんと共有したい。

    利用者に対するこれ以上の背信行為は無い。

    何より無尽蔵なアカウントを使い『なりすまし人物』を仕立て上げるこの不正投稿者こそ、業者を装う運営内部の人物ではないのか。

    App Store
  • 総合評価 3/5
    業者さん?美人局?怖いです。

    顔出ししてないせいか、連絡は頻繁に来ます。
    色々な経験談をされている方のご意見を参考にすると、早々に連絡をくださる方は、
    〇〇円とホテル代別、条件付きセフレですとか、どこどこでお会いしませんか?その後はホテルで楽しみましょうなど、ほぼ全部がそうでした。
    中にはマジメに、仲良くしましょう....と連絡来てメル友からとりあえずスタートラインに立った方もいらっしゃいます。
    最終目的は同じとしても、いきなり会ってすぐホテルとか会ってから決めたいと来るのは、こちらとしても警戒します。ゆっくり時間をかけて仲良くなってから、時にはイケナイ事もと考えていましたので。
    今までの既婚者、バツイチのプロフの方のなかには、会ってその後、ご主人や、元夫、仲間の集団が来て恐ろしいことが待ち受けているのが想像できそうな方が居るので、身の危険すら感じてしまいます。
    リスクを回避しながら目的を果たす試行錯誤なんでしょうか?
    私がこれまで感じた正直な感想です。

    App Store

アプリの入手・公式サイト