XHTML1.0 Frameset 内容モデル

<?xml version="1.0" encoding="文字コード"?>

XML はデフォルトの文字コードに Unicode の "UTF-8"、または "UTF-16" が設定されているが、それ以外の文字コードを用いる場合は、HTTPレスポンスヘッダにて文字コード情報を設定している場合を除き、必ず当該文書で使う文字コードをその冒頭に XML宣言で追加指定しなければならない。

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Frameset//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-frameset.dtd">

DOCTYPE宣言(文書型宣言)によってどんな文書型定義(DTD)に従った文書であるかを示す。XHTML1.0フレーム設定型(Frameset)DTD では 移行型(Transitional バリエーション)DTD の内容に加えて、フレーム機能用の内容も使用することを意味する。

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="言語コード" lang="言語コード">
  • xmlns属性必須
  • html要素には head要素に続いて body要素が順に必ず1個ずつ含まれること

移行型(Transitional バリエーション)DTDhead要素の子要素と同じ

</head>

0個以上の繰り返し

</frameset>
<frame />

移行型(Transitional バリエーション)DTDbody要素の内容と同じ

</body>
</noframes>
</frameset>
</html>

補足事項

  • XHTML1.0 の DTD を識別する名前空間(ネームスペース)は http://www.w3.org/1999/xhtm である
  • 言語情報は個別に指定がない限り子孫要素へと継承される
  • 言語情報は、xml:lang属性lang属性の2つに同じ値の言語コードを指定する
  • a要素, applet要素, form要素, iframe要素, img要素, map要素については name属性と id属性の両方を同じ値で設定することが認められている
Updated / Published