dir要素(directory list)は複数の段からなるディレクトリ(一覧)を示すリスト要素です。仕様では複数の段からなるディレクトリリストを作成するとなっていますが、どの UAul要素と同じ表示です。dir要素は WWW の黎明期からある古い要素で、現在は古い HTML との互換のためだけに残されており、リストを作るには ul要素, ol要素を使うことが推奨されています。HTML5においても、廃止されました。

バージョン
  • HTML4.01(T,F)
  • XHTML1.0(T,F)
要素型
ブロックレベル要素
開始タグ
必須
終了タグ
必須
非推奨
  • 非推奨
  • HTML4.01 strict 廃止
  • XHTML1.0 strict 廃止
  • XHTML1.1 廃止
内容モデル
li要素(1個以上)

compact属性

バージョン
  • HTML4.01(T,F)
  • XHTML1.0(T,F)
指定要素
必須
-
非推奨
  • 非推奨
  • HTML4.01 strict 廃止
  • XHTML1.0 strict 廃止
  • XHTML1.1 廃止
属性値
  • compact
  • compact="compact"(XHTML

compact属性が設定された場合、視覚環境の UA はリストの表示をなるべく狭い範囲でコンパクトに表示しようとします。非推奨属性で、どの UA も対応していません。HTML4.01では compact、XHTMLでは compact="compact" と記述します。

その他の属性

共通属性
イベント属性
Updated / Published