「少年ジャンプ」「ヤングジャンプ」「マーガレット」掲載作などの集英社作品の他、秋田書店・コアミックス・新潮社・⽇本⽂芸社・⽩泉社・双葉社・芳⽂社・マンガボックスなど刊⾏物も取り扱っている総合電⼦書店で、電子書籍の購入から、対象作品の無料閲覧、雑誌の定期購読などがアプリで楽しめる。
マンガ
無料アプリ内課金あり
リリースiOS1487411615Androidcom.zebrack
最終更新
ブックマークする

売上ランキング(セルラン)

セルラン長期推移

ゼブラック
の直近24カ月間 売上ランキング(セルラン)

App Store平均 ベスト119ワースト圏外
Google Play平均 ベスト198ワースト圏外

セルラン月間推移

App Store月間 ベスト104ワースト圏外
Google Play月間 ベスト圏外ワースト圏外

2024年1月App StoreGoogle Play
1150圏外
2圏外圏外
3圏外圏外
4178圏外
5104圏外
6116圏外
7119圏外
8123圏外
9123圏外
10129圏外
11144圏外
12149圏外
13166圏外
14162圏外
15149圏外
16156圏外
17152圏外
18153圏外
19130圏外
20159圏外
21150圏外
22150圏外
23123圏外
24134圏外
25136圏外
26134圏外
27153圏外
28156圏外
29132圏外
30121圏外
31126圏外
月間平均
144
*不正確
月間平均
201
*不正確

推定売上 (国内)

©Game-i 予測

2023年26億7,000万
2022年15億8,700万
2021年9億9,300万
2020年7億1,400万

ゼブラックの売上は、Game-iによると2023年が26億7,000万、2022年の15億8,700万と比べて168%で大幅な増加傾向にあります。

ダウンロード数

  • App Store・Google Play合算の累計ダウンロード数です。この指標には、初回ダウンロード(ユニークインストール)に加え、再ダウンロード(同一ユーザーが所持する複数デバイスへのインストールや、インストール・アンインストールを繰り返した場合)が含まれている場合があります。

国内ダウンロード数推移

ダウンロード数
2019年12月サービス開始
2022年12月1,300万DL

ゼブラックは、2019年12月にサービスを開始し、国内でのダウンロード数は2022年12月時点で累計1,300万DLを突破したことが報告されています。

開発・運営情報

集英社
集英社 (シュウエイシャ)
主国籍
会社紹介

『週刊少年ジャンプ』『週刊プレイボーイ』『non-no』『すばる』 『Myojo』などの雑誌を発行している東京都千代田に本拠を置く大手総合出版社。

近年は電子書籍、マンガアプリ、ゲーム事業へと事業全体の流れをデジタルシフト化している。

レビュー

ゼブラックをプレイしてみた評価を教えてください。

プレイしてどのぐらい面白く・魅力を感じたか?

他作品と比べて音楽やグラフィックの出来は?

始めるタイミングで有利不利なく楽しめるか?

楽しむのにどれぐらい課金が必要に感じたか?

習熟までの操作やシステムはわかりやすいか?

サポート対応・更新頻度や内容には満足か?

  • 総合評価 1/5
    漫画アプリ界では底辺のランク

    ジャンプブックストアからアプリを使用していて強制移行になりゼブラックを使用してます。結論から言うと漫画アプリの中で一番ひどいです。これから漫画アプリを決める方、ゼブラックだけはお辞めください。オススメは全くできないです。
    理由は購入した漫画を読むことができないからです。しばらく読んでいるとページが読み込めなくなり黒くなるのですが、これは一度アプリを落とさないと復旧しません。
    この件に関しては半年以上前からアプリ内の問い合わせもして、いい加減頭にきて本社にもメールしましたが、特に変わらず。向こうからきた回答はアプリではなくブラウザで読めばそのエラーは起きないのでブラウザから読んで〜というものでした。いや、早く解決しろよ、と本当に思います。
    全額返金してもらえるなら今すぐ違うアプリに変更したいです。なぜユーザーが購入した漫画をただ読むことができないのでしょうか。お金を払ってるのにそんなに難しい??ジャンプブックストアでできていたことがなぜできなくなる??本当に疑問です。
    一人でも多く被害が出ませんように。

    App Store
  • 総合評価 1/5
    ジャンプBOOKストアから移行した感想

    くなった点は一つも無い。 栞がなくなり、目次やサムネイルからページ移動が出来ない。何よりデータをダウンロード出来なくなり、オフラインで読めくなった。 何故お金を払って購入した漫画を外出先で読むのに通信量を払って読まないといけないのか。電車やバス等、混んでる場所だと繋がり辛く読めないときもある。電子書籍なのに不便になり、何の為に購入したのか分からなくなった。 何故、移行した先のアプリが前のアプリより劣っているのか。他のアプリで買いなおすので全額返金してほしいレベル。数あるアプリで迷った中、集英社の漫画は純正アプリが一番と思っていたのに失望した。栞や目次、又ダウンロード機能等、希望しているのは前のアプリ、または他のアプリに普通に搭載されている機能、決して無理な要望をしているわけでは無い。

    いくつかのアプリを廃止してゼブラックに統合(ユーザー含めて)した事により、今後アップデートを重ねてゼブラックを便利にして行く予定があるのなら申し訳ないが、ダウンロード不可のままなら自分含めて単行本を購入するユーザーは他のアプリに離れていくと思う。

    App Store
  • 総合評価 3/5

    話題作や好きな作品、というよりは、過去の名作や大作が数多く無料で読めるアプリという認識。 一作につき一日一話読めるので、一年くらいはぼーっと1-2時間は潰せるくらい量が多いです。広告を見れば実質+4話見れるのも嬉しい機能。 「広告をダウンロード出来ませんでした。」となる場合はそのまま待つとダウンロード完了したら勝手に流れ始めます。 上手に使えば生活の隙間をなんとな~く埋めるのに役立ちます。題名だけ知っている作品をとりあえず読んでみたりとか、興味を広げるのにも役立っています。 ただ、コインが半端に余っているといまいち使い切らないので単行本で買うときは他のアプリを利用したくなるのが欠点だと思いました。 評価は特に不快感のある仕様もないので☆5でいいんじゃないかと思います。【追記】9/1:以前の広告で過去の大作が最終回まで無料で読めるとあったのに、現在は大部分の過去作が有料化されています。一話に必要なポイント数も増え、他のアプリと比べて優位な部分がなくなってきていると思う。収益性の問題もあるから仕方ないとは思うんだけど、"全話無料"で客を集めた後で閉じるなよとも思うので☆3にしました。

    Google Play

アプリの入手・公式サイト