フルーツがボックスから溢れないように得点を重ねて高得点を目指す落ち物パズル系ゲーム。指定した場所にフルーツを落下させて、同じ種類のフルーツ同士をぶつけると、「サクランボ→イチゴ→ブドウ→デコポン→柿→リンゴ→梨→桃→パイナップル→メロン→スイカ」のようにフルーツの種類がシンカし、徐々に大きくしながらスイカを作って、スイカ同士をくっつけると消滅し、より高得点が狙える。
カジュアル
¥240税込
リリースiOS6469114836
最終更新
ブックマークする

売上ランキング(セルラン)

セルラン月間推移

App Store月間 ベスト58ワースト圏外

2024年1月App Store
263
358
472
585
699
7104
897
993
10104
11111
12129
13146
14129
15126
16152
17150
18176
19192
20圏外
21187
22154
23170
24190
25200
26圏外
27圏外
28197
29175
30169
31177
月間平均
144
*不正確

推定売上 (国内)

©Game-i 予測

2024/13億1,200万

Aladdin X (旧 popIn Aladdin)もオリジナルではない?

スイカゲームの起源は、ミニゲームの制作や広告などを手がける「北京米兜科技有限公司」が開発し、2021年1月22日に中国本土で配信したブラウザゲーム「合成大西瓜」とされている。

「合成大西瓜」は2021年1月22日に配信されてからSNSを通じて中国本土では瞬く間に流行していた。

中国の新たな発明「合成大西瓜」。SNSをも席巻するこのゲームの中毒性
2021年1月29日 10:15 中国情報局@北京オフィス

中国でミニゲーム「合成大西瓜」が爆発的大ヒット!思わず夢中になってしまうそのワケは?
2021年01月29日16:35 人民網日本語版

中国シェアNo1の検索エンジンであるBaidu (百度)グループ傘下のpopIn株式会社が「popIn Aladdin」シリーズのプロジェクターで遊べる「スイカゲーム」のタイトルで「合成大西瓜」の模倣版を搭載し、その後2021年12月9日よりNintendo Switchでの配信も開始し、結果的にこれが世界的大ヒットとなり、Aladdin X (旧 popIn Aladdin)のスイカゲームがオリジナルのような扱いとなったのが大筋の見立てとされる。

Nintendo Switch向けに配信された落ちものパズルゲーム『スイカゲーム』が、今人気を博している。本作は2021年12月9日に、popIn株式会社によって発売された作品だ。
2023-09-17 13:28 Nintendo Switchゲーム『スイカゲーム』が突如人気急上昇。2021年に発売された低価格フルーツ落ち物パズル

なお、日本法人のバイドゥ株式会社、popIn株式会社、Aladdin X株式会社は、いずれも中国を主国籍とする企業であり、中国・Baidu (百度)グループの傘下である。

popIn株式会社は、2008年7月に中国・河南省出の東京大学情報理工学研究科 修士2年の「程 涛」氏が東京大学発のベンチャー企業として設立した会社であり、2015年6月にバイドゥ株式会社が買収し、100%子会社となっている。

Aladdin X株式会社は、XGIMI (エクスジミー)がpopIn株式会社から「popIn Aladdin」シリーズの事業譲渡を受けて2022年6月に設立した会社である。

XGIMIは、2013年11月に設立された中国・四川省成都市に本拠を置く家庭用プロジェクターを開発・販売するテクノロジー会社で、中国語表記の正式名「成都極米科技有限公司」、英名は「Chengdu Xgimi Technology Co.,Ltd.」、略称は「極米」でその英名が「XGIMI」、2018年3月にBaidu (百度)グループ傘下となっている。

開発・運営情報

Aladdin X
Aladdin X (アラジンエックス)
主国籍中国
会社紹介

中国シェアNo1の検索エンジンであるBaidu (百度)グループ傘下のXGIMI (エクスジミー)の子会社として、2022年6月に設立された東京都港区に本拠を置く、照明一体型3in1のホームプロジェクター「Aladdin X」シリーズを開発・販売する会社。

「Aladdin X」シリーズ製品の旧名称は「popIn Aladdin」シリーズで、同じくBaidu (百度)グループ傘下のpopIn株式会社が開発した製品であったが、2022年6月にXGIMI (エクスジミー)へと事業譲渡された。

popIn株式会社は、2008年7月に東京大学発のベンチャー企業として設立され、2015年6月にBaidu (百度)が買収し、子会社となっている。

XGIMIは、2013年11月に設立された中国・四川省成都市に本拠を置く家庭用プロジェクターを開発・販売するテクノロジー会社で、中国語表記の社名は「成都極米科技有限公司」で英名が「Chengdu Xgimi Technology Co., Ltd.」、略称は「極米」で英名が「XGIMI」。

XGIMIは、2018年3月にBaidu (百度)グループ傘下となっている。

日本には、現地法人として2020年11月に東京都港区に本拠を置く、XGIMI株式会社を設立している。

レビュー

スイカゲーム-Aladdin Xをプレイしてみた評価を教えてください。

プレイしてどのぐらい面白く・魅力を感じたか?

他作品と比べて音楽やグラフィックの出来は?

始めるタイミングで有利不利なく楽しめるか?

楽しむのにどれぐらい課金が必要に感じたか?

習熟までの操作やシステムはわかりやすいか?

サポート対応・更新頻度や内容には満足か?

  • 総合評価 5/5
    違和感あるが問題なし

    他の方が言われている通り違和感が強いです!
    Switch版より果物の重さや固さ、表面のツルツル感が強い感じがします。
    Switch版の果物がフェルトだとして、iOS版はガチャガチャのカプセル的な感じ。
    なので、物理演算が変わってるのでSwitch版よりもさくらんぼやいちごがすみっコぐらししやすいです。そして滑りやすいので傾きやすい。気をつけないとバランスゲーになります。
    滑りやすすぎて下にたまった果物たちがドコドコし始める挙動があって面白いです。いつか爆発しそう。

    ただこれはこれで面白いので私は好きです(笑)Switch版と全く同じものではなく別ゲーなのが逆に気に入りました。

    App Store
  • 総合評価 5/5
    公式アプリ待ってました!!

    テレビで見て気になっていたスイカゲーム。
    ポップインアラジンもSwitchも持っておらず
    AppStoreには他社のパクリゲームばかり……
    これだけ人気で話題になればきっと公式さんが
    スマホ版を出してくれるだろうと、辛抱強く待っていたかいがありました!!
    こういうシンプルなゲームがなんだかんだ一番奥が深く、飽きずに続けられます。
    やたら課金を煽るわけでもなく、買いきりなのも嬉しい。
    公式さん、スマホ版リリース本当にありがとうございます!これから楽しく遊ばせていただきます。

    App Store

アプリの入手・公式サイト