空に浮かぶ島々を旅する「騎空士」となり、伝説の島「イスタルシア」を目指して仲間とともに冒険をするファンタジーRPG。略称は「グラブル」。バトルはターン制のコマンドバトル。マルチバトルや騎空団など他のプレイヤーと競い・協力し合うMORPGの要素もある。
RPG
無料アプリ内課金あり
リリースiOS852882903Androidjp.mbga.a12016007.lite
最終更新
ブックマークする

売上ランキング(セルラン)

セルラン長期推移

グランブルーファンタジー
の直近24カ月間 売上ランキング(セルラン)

App Store平均 ベスト65ワースト184
Google Play平均 ベスト42ワースト149

セルラン月間推移

App Store月間 ベスト11ワースト圏外
Google Play月間 ベスト17ワースト196

2024年1月App StoreGoogle Play
111圏外
24021
33921
41433
53918
67217
77919
812822
919631
10圏外28
11圏外26
12圏外31
1388125
1464196
1580129
1661115
1759104
187375
1910170
2011270
2118357
22圏外93
23圏外93
24112108
2582108
2686179
27156134
28圏外121
29圏外127
30圏外124
31圏外124
月間平均
119
*不正確
月間平均
85

推定売上 (国内)

©角川アスキー総合研究所 予測

2019年242億

©Game-i 予測

2023年44億4,100万
2022年49億7,900万
2021年63億1,700万
2020年103億3,700万
2019年280億8,000万

グランブルーファンタジーの売上は、Game-iによると2023年が44億4,100万、2022年の49億7,900万と比べて88%で減少傾向にあります。

登録者数

  • この指標は、現会員数ではなく退会者を含む累計登録者数を指します。

国内登録者数推移

登録者数
2014年5月サービス開始
2015年8月500万人
2016年3月1,000万人
2017年6月1,500万人
2018年4月2,000万人
2019年12月2,500万人
2021年12月3,000万人
2023年6月3,500万人

グランブルーファンタジーは、2014年5月にサービスを開始し、国内での登録者数は2023年6月時点で累計3,500万人を突破したことが報告されています。

開発・運営情報

Cygames
Cygames (サイゲームス)
主国籍
会社紹介

2011年5月に設立された東京都渋谷区に本拠を置く、サイバーエージェント傘下でゲームの企画・開発・運営、アニメーション製作、漫画事業を展開する会社。

人気コンテンツを複数抱えており資金面が潤沢。車輪の再発明によるコンテンツ作りは強いが、新しいものを生み出す力は弱いと批評されることが多い。

レビュー

グランブルーファンタジーをプレイしてみた評価を教えてください。

プレイしてどのぐらい面白く・魅力を感じたか?

他作品と比べて音楽やグラフィックの出来は?

始めるタイミングで有利不利なく楽しめるか?

楽しむのにどれぐらい課金が必要に感じたか?

習熟までの操作やシステムはわかりやすいか?

サポート対応・更新頻度や内容には満足か?

  • 総合評価 1/5

    疲れてしまいました。もう純粋にストーリーやキャラクターを楽しめるゲームではなくなってしまったみたいです。周回とギルドコンテンツでユーザーの時間を搾り取ることでなんとか立っているだけのゲームになってしまった様です。古臭いUIを一新したらまだ手を付けられるかと思います。 近年は運営のやりたいことをゲームを理由にしてやっているだけでユーザーの気持ちや快適性を度外視してるため星を1にしておきます。

    Google Play
  • 総合評価 1/5

    素材要求数が馬鹿みたいな量を要求されているゲームですので、時間が余ってしょうがない人はこの虚無を楽しめると思います。 ただ、普通の社会人なら暇があればこのゲームを触るというレベルでないと到底耐えうるものではありません。そんな暇な人ばかりじゃないことを運営は理解できないのでしょうね。 あとこのゲームは時間をかけても唐突に運営の想定外(検証不足)のことが起きれば即座にナーフしまともな補填もしないのでそこもご留意していただく必要があります。 少なくとも今から始めて楽しめるゲームではないですし、課金武器至上主義なので無課金は楽しめないかもしれません。無課金武器は強すぎるとユーザーが時間をかけて集めたあとにナーフされるので。

    Google Play
  • 総合評価 3/5

    数年間ほどやってきたけど流石に色々と求められる素材の要求数が多すぎてやってられない。戦力強化するのに周回前提のゲームなのにソロでの周回は時間掛かりすぎるしマルチ周回するにも人数制限があるせいでまともに周回出来ない。要求素材が一周回で5~7個ほど落ちても一個の武器を最終強化するのに求められる素材要求数が平気で1000個以上超えてるのは本当に頭おかしいと思える。一個の武器を最終強化するのに周回を200~300回程しなければいけないので本当に時間が足りません。何をするにも頭おかしいほど素材が要求されるので武器強化やキャラの最終上限解放などやることあるのに周回辛くてやる気おきなくて放置してるのが現状。運営さんの想定がまともな人間相手を基準にしてないからゲームバランス崩壊してる。

    Google Play
  • 総合評価 2/5

    重度の周回必須ゲーム ストーリーは素晴らしい しかし、そんな事はどうでもいい。新しく実装された「FP」なる概念。欠陥が多すぎて話にならない。多分実装する時に何も考えてないと思われる。ちょっとグラブル触ったら分かると思うんだ…一瞬で参加したマルチボスが周回魔の古参騎空士の手によって消し炭になって…無駄足になる騎空士が溢れかえることぐらい。何年運営してるんだ?9周年だぞ?だからこそ、心配でレビューを書かせていただきました。

    Google Play

アプリの入手・公式サイト