xml:space属性

xml:space属性は連続するスペースや改行、タブなどの空白類文字をどう扱うかを UA に明示する属性です。XHTML1.0, XHTML1.1 では "preserve" の値しか指定することができません。

整形済みのテキストを示す pre要素では、スペースや改行は意味を持ち、連続するスペースはそのまま表示に反映され、ソース内における改行もソースどおりに反映されます。これはデフォルトでpre要素に xml:space="preserve" が指定されていることを意味し、pre要素の他に xml:space属性を指定できる要素に script要素, style要素がありますが、これらもpre要素同様、xml:space属性の値は "preserve" に固定されているので、xml:space属性を明示する必要はありません。このため、XHTMLを使用していて特にxml:space属性を使用するようなケースはありません。

バージョン
  • XHTML1.0(S,T,F)
  • XHTML1.1
必須
-
非推奨
-
属性値
preserve

なお、XML においては、"preserve" の他に空白類文字の処理を UA の初期値に任せるようにする xml:space="default" を指定することができます。

xml:space属性を指定できる要素型

P
S
Updated / Published