speak-header

speak-headerプロパティは表の見出しセル(th要素)をデータセル(td要素)の前でどのように読み上げられるかを制御します。

初期値
once
適用対象
表ヘッダ(th要素)情報を有する要素
継承
する
メディア
aural

speak-headerプロパティの値

speak-headerプロパティが取り得る値は次の2つのキーワードです。

once
データセルを読み上げるときに対応する見出しセルをデータセルの前に一度だけ読む。
always
データセルを読み上げるたびに対応する見出しセルをデータセルの前に読む。

適用対象は表ヘッダ(th要素)情報を有する要素ということで、td要素がセレクタでなくとも、表全体を包含する table要素や、さらにその table要素を包含する div要素などでも値は td要素に継承された形で機能します。

なお、HTML4.01, XHTML1.0, XHTML1.1 では見出しセルとデータセルを対応させるのに axis属性, headers属性, scope属性が指定できますが、これらはあくまでも読み方の見本として機能するだけで、あとは UA 依存です。

サンプル

<table>
<thead><tr>
<th></th><th>りんご</th><th>みかん</th>
</tr></thead>
<tbody><tr>
<th>価格</th><td>150円</td><td>50円</td>
</tr></tbody>
</table>

この表を読み上げると、デフォルトでは上から順に「りんご みかん 価格 150円 50円」となります。これを speak-headerプロパティでデータセル毎に「価格」というヘッダ情報を読み上げるように制御したい場合は次のようにします。

td { speak-header : always ; }

always を指定したことにより、この表は「りんご みかん 価格 150円 価格 50円」と読み上げられます。

Updated / Published