cue-after

cue-afterプロパティは要素の意味内容を区別するための方法として、その要素を読んだ後に鳴らす音声を指定します。

初期値
none
適用対象
すべての要素
継承
しない
メディア
aural

cue-afterプロパティの値

値は "url()" の形式で括弧内に再生するサウンドファイルの所在となる URI を指定します。"none" を指定すると、音は何も鳴りません。"url(URI)" の形式の中で URI 部分が URI を構成する以外の文字列であったり、指定されている URI が画像などのサウンドファイル以外の場合、音声スタイルシートに対応している UA であれば、それを "none" が値に指定されているものとして解釈し、無効化します。

cue-afterプロパティの値

p.end       { cue-after : url(cue.wav) ; }
p.end:after { content : "以上で終わりです" ; }

サンプルのように cue-afterプロパティと類似する働きで、すべてのメディアに有効な :after擬似要素を同一の要素に指定した場合、音声スタイルシートに対応している UAcue-after:after の順にその内容の再生を行います。

Updated / Published