u要素(underline text style)はテキストに下線(アンダーライン)を表示するインライン要素です。下線を表示する以上の意味を持っていません。デザイン上、テキストに下線を表示したい場合は CSStext-decorationプロパティtext-decoration : underline ;)で代替することが推奨されています。また、視覚的な表示効果は同じであっても論理的に指定範囲が新たに挿入されたことを明示するのには ins要素を使います。

バージョン
  • HTML4.01(T,F)
  • XHTML1.0(T,F)
要素型
インライン要素
開始タグ
必須
終了タグ
必須
非推奨
  • 非推奨
  • HTML4.01 Strict 廃止
  • XHTML1.0 Strict 廃止
  • XHTML1.1 廃止
内容モデル

u要素の属性

共通属性
イベント属性

HTML5のu要素

HTML5では、u要素はテキストをラベル付けすることを示します。ラベル付けとは、たとえば、中国語の文章では固有名詞とそれ以外を区別し難い場合があるため、 伝統的に固有名詞には下線を引く習慣があり、このような場合にu要素で固有名詞をマーク付けすることで、文字上の誤解を避けるための要素として機能します。その他にもはっきりとニュアンスが伝わりにくかったり、あえて本来の意味とは違う意味で使っているテキストや、スペルミスなどを表すのに用いられます。ただし、他の要素を使用する方が適切な場合は、そちらを選択することが求められているため、実際のケースにあてはめると、u要素を使用するようなことははほとんどないと思われます。

Updated / Published