onselect属性

onselect属性は当該要素にフォーカス(テキスト入力欄に入力できる状態)してから、textarea要素内のテキスト、または input要素(type="text")の value属性の値のテキストを選択したときに起動するスクリプトを指定するイベント属性(イベントハンドラ)です。テキストの選択とは、ポインティングデバイスでドラッグしたときや左ボタンを2回連続押しで単語を選択、さらに3回連続押しで段落を選択することを指します。

バージョン
  • HTML4.01(S,T,F)
  • XHTML1.0(S,T,F)
  • XHTML1.1
必須
-
非推奨
-
属性値
スクリプト

onselect属性を指定できる要素型

I
T

onselect属性のサンプル

次のスクリプトでは入力欄の中にあるテキストが選択されると、下の入力欄に選択されたテキストを反映します。

<script type="text/javascript">
function gval() {
var gtext;
if (window.getSelection) {//IE9+ Other Browser
gtext = window.getSelection();
}else{//IE6,7,8
gtext = document.selection.createRange().text;
}
document.sample.selected.value = gtext; }
</script>
......
<form name="sample">
<textarea onselect="gval()" readonly>
親譲おやゆずりの...この次は抜かさずに飛んで見せますと答えた。
</textarea>
<p>選択されている範囲のテキストを取得して下のフィールドに表示します。</p>
<textarea name="selected"></textarea>
</form>
Updated / Published