nobr要素(non line break)は要素内の文字列の行末での折り返しを禁止します。開始タグの "<nobr>" から終了タグの "</nobr>" に囲まれたテキストなどのインライン内容は表示域を縮小しても、表示域のサイズに応じた自動的な文字列の折り返しは行われず、延々と横長に表示されるため内容が表示域からはみ出して横スクロールを表示させることがあります。

nobr要素は折り返しの候補位置を定義する wbr要素と併せて使用します。nobr要素も wbr要素も Netscape Navigator 2.0(Netscape の前身)の時に独自に採用された機能です。

なお、主要ブラウザの中で、Firefox のみ nobr要素の中で wbr要素が指定されていても、その折り返し箇所の指定は無効化されます。

独自機能のため仕様は不明ですが、nobr要素のあとに続くインライン内容が回り込むことから要素型を区分するならばインライン要素扱いになるようです。

バージョン
Netscape Navigator の独自機能
要素型
独自機能のため不明(インライン要素か?)
開始タグ
必須
終了タグ
必須
非推奨
-
内容モデル

nobr要素の属性

nobr要素は仕様には定義されていないため、共通属性・イベント属性が使えるかどうかは UA に依ります。

共通属性
イベント属性
Updated / Published