2015年にリリースされた「FFBE」の数百年前の時代を舞台とした「FFBE」の世界観を受け継いだタクティカルRPG。ストーリーシナリオを進行させる為には3Dフィールドのバトルステージをクリアしていく必要があり、3Dフィールドの中でキャラクターを操作しアビリティ等のコマンドを選択しながら敵と戦闘していく。フィールドMAPの移動にはマスで表示される横移動の他に高さがある。
RPG
無料アプリ内課金あり
リリースiOS1443703517Androidcom.square_enix.WOTVffbejp
最終更新
ブックマークする

売上ランキング(セルラン)

セルラン長期推移

FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONS
の直近24カ月間 売上ランキング(セルラン)

App Store平均 ベスト101ワースト194
Google Play平均 ベスト56ワースト161

セルラン月間推移

App Store月間 ベスト17ワースト圏外
Google Play月間 ベスト25ワースト圏外

2024年4月App StoreGoogle Play
1圏外圏外
258圏外
367圏外
48266
510856
612756
712556
8139圏外
918240
106957
119361
1214959
1319159
1417169
1518169
1618971
171779
183079
195742
208343
2110533
2210830
2312427
245125
256929
2610238
2712142
2812147
2915150
30圏外52
月間平均
116
*不正確
月間平均
71
*不正確

推定売上 (国内)

©Game-i 予測

2023年25億400万
2022年35億3,200万
2021年48億5,000万
2020年75億9,200万

FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONSの売上は、Game-iによると2023年が25億400万、2022年の35億3,200万と比べて70%で減少傾向にあります。

ダウンロード数

  • App Store・Google Play合算の累計ダウンロード数です。この指標には、初回ダウンロード(ユニークインストール)に加え、再ダウンロード(同一ユーザーが所持する複数デバイスへのインストールや、インストール・アンインストールを繰り返した場合)が含まれている場合があります。

グローバルダウンロード数推移

ダウンロード数
2019年11月サービス開始
2019年12月500万DL
2020年2月1,000万DL
2021年6月1,500万DL
2022年1月2,000万DL
2023年8月2,400万DL

FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONSは、2019年11月にサービスを開始し、グローバルでのダウンロード数は2023年8月時点で累計2,400万DLを突破したことが報告されています。

ユーザーの男女比・年代構成

  • 2021年5月時点の統計データです。

男女比

男性 79.4%
女性 19.3%

FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONSのユーザーの男女比は、男性が79.4%、女性が19.3%で、男性が圧倒的に多くプレイしています。

年代構成

FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONSは、40代以上の中高年ユーザーが多くプレイしています。

開発・運営・パートナー情報

開発・運営
SQUARE ENIX
SQUARE ENIX (スクウェア・エニックス)
主国籍
会社紹介

2003年4月にスクウェアとエニックスの合併により誕生した東京都新宿区に本拠を置く、デジタルエンターテイメントコンテンツ事業及び出版事業を手掛ける会社。

「ドラゴンクエスト」「ファイナルファンタジー」「キングダムハーツ」をはじめ、数々のミリオンセラータイトルを擁すゲーム業界のリーディングカンパニーであり、出版事業においても「薬屋のひとりごと」「その着せ替え人形は恋をする」など大ヒットIPを生み出している。

共同開発
gumi
gumi (グミ)
主国籍
会社紹介

2007年に設立された東京都新宿区に本拠を置く、モバイルオンラインゲーム事業とブロックチェーン等事業の二つの事業を展開する会社。

ブロックチェーンゲーム等のコンテンツ開発やVR・AR・MRなどのXR領域への投資・開発にも取り組んでいる。

レビュー

FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONSをプレイしてみた評価を教えてください。

プレイしてどのぐらい面白く・魅力を感じたか?

他作品と比べて音楽やグラフィックの出来は?

始めるタイミングで有利不利なく楽しめるか?

楽しむのにどれぐらい課金が必要に感じたか?

習熟までの操作やシステムはわかりやすいか?

サポート対応・更新頻度や内容には満足か?

  • 総合評価 4/5

    キャラのデザインや、戦闘システムが良く出来ています。 しかし、育成するための素材がなかなか集まらない為、ストレスを感じます。 最近は(2023年12月)かなり育成素材の集めやすさが改善されてきたと感じます。それでもキャラをレベル140にするのはかなり大変ですが、大分バランスが良くなりました。

    Google Play
  • 総合評価 5/5

    昔に比べてアイテムの配布が多く、無課金・微課金者にも勧められるゲームになりました。やり込み要素が多くて大変ですが、一括スキップとバックグラウンド機能が実装されて時間が無い人でも手軽に遊べまるようになりました。
    戦闘とストーリーは秀逸ですが、 微課金ですとキャラ育成は一点集中で育てないと、中途半端な強さになり使えません。特にコラボキャラはコラボ期間中に強化して下さい、期間後レベル上げで挫折します(最近はイベント復刻で救済処置あり)。10人以上いるギルドへ加入して下さい、キャラ育成とギルドバトルで楽しみが広がると思います。新キャラのインフレが凄く、既存キャラの救済処置が微妙です。マルチの戦闘ですが、スマホのスペック等が低いとロード時間が長く他の方々に迷惑かけてしまうので、画質を設定で落とすなど対策して下さい。探検チョコボの高速探検2時間券がまとめて使う事が出来ず煩わしいです。
    過去作(FFBE)キャラも幻影戦争に参戦していますが、未プレイな方は漫画『リコドキ』と小説『レイン』を参考にして下さい。後、ユーザーに寄り添った運営だと思います。ストーリー上、SSRモントはLv99まで上げると楽です。

    Google Play
  • 総合評価 5/5

    定期的にコラボイベントを導入されて無料で新しい仲間が入ってきますので新鮮味を感じて長く遊べます。時には過去に登場した人気の仲間が無料で入る場合もございます。新しい仲間が増えますと再度入れ込みがでてきます。
    どの仲間を使うか迷ってきますが以前より即戦力として戦力にできやすく改良されていますので初心者の方も入れ込みやすくなっているかと思います。気に入った仲間のレアリティが低くても後ほどグレードアップして再登場することも末長くプレイできるように工夫されていると思います。
    定期的に限定URの仲間を無料で入手できる点もあり、運良く新URがでてきた時は真新しさがでるためプレイする意欲が継続して末永く遊べます。定期的に無料召還できます。以前より強化サービスが増えていますので初心の方もストーリーを進めやすくなっており多くの仲間を育てる楽しさを実感できるかと思います。
    URは全体的に便利なスキルを保有していますのでついUR一色に編成が偏ってしまいがちになると思いますが、SSRモントを育ておかないと途中でストーリーの進展が止まりますので満遍なく育てておく必要がございます。

    Google Play
  • 総合評価 5/5

    面白い。 溢れてた各種機能を、最近は効率化するようにしており、遊びやすさも徐々にだが確実によくしていこうとしているのを感じる。 繰り返し作業の負担が激しいシステムになりがちなのか、チョコボの高速探索アイテムを1日に30個まで使えるものの、確認事項の為に毎回4クリックもそれなりの時間をかけて入力するなどが残っている。。 あまりに準備が大変過ぎて自由度のなかった、バフアイテムの信銘石も、仕様変更により、色々な特徴のある石を準備できるようになったことが最近では最大の好印象ポイント! ストーリー終盤になっているようであり、これから先どのように進んでいくのかも楽しみです。

    Google Play

アプリの入手・公式サイト