page-break-after

page-break-afterプロパティは印刷時にブロックボックスを形成している要素のあとで強制的に改ページさせるのか、改ページを禁止するのかを指定できます。

  • auto
  • always
  • avoid
  • left
  • right
  • inherit
初期値
auto
適用対象
ブロックボックスを形成している要素
継承
しない
メディア
  • visual
  • paged

page-break-afterプロパティの値

page-break-afterプロパティに指定できる値のキーワードは、それぞれ以下の意味を示します。

auto
そのブロックボックスの直後での改ページを強制も禁止もしません(UA 依存)。
always
そのブロックボックスの直後で常に強制的に改ページします。
avoid
そのブロックボックスの直後での改ページを禁止します。
left
そのブロックボックスの直後で常に強制的に改ページします。改ページのあとの次のページが左側のページになるように、必要に応じて1回か2回の改ページを強制します。
right
そのブロックボックスの直後で常に強制的に改ページします。改ページのあとの次のページが右側のページになるように、必要に応じて1回か2回の改ページを強制します。

page-break-afterプロパティの実装状況

IE
○:IE8より"avoid"をサポート、左ページ・右ページの区別がないため "left", "right" の値は "always" と同じ効果
Firefox
○:"avoid", "left", "right" の値は未サポート
Opera
○:左ページ・右ページの区別がないため "left", "right" の値は "always" と同じ効果
Chrome
○:左ページ・右ページの区別がないため "left", "right" の値は "always" と同じ効果
Safari
○:左ページ・右ページの区別がないため "left", "right" の値は "always" と同じ効果
iOS
×:未サポート
Android
×:未サポート

サンプル

div.chapter,div.section { page-break-after : always ; }

page-break-afterプロパティで章や節のあとで改ページさせるようにすれば、区切りのいいところで改ページを設けることができます。

Updated / Published