カロリー計算・体重管理・食事記録が一つでできるダイエットアプリ。10万以上のメニューからの食事登録や、写真やバーコードを撮るだけでメニュー登録をすることができ、その日に食べた食事のカロリーと各種栄養素、14項目の過不足をグラフ表示。AI栄養士からの食事内容や食生活のアドバイスを通して、次の食事で何を食べればよいのかがわかり、食生活の改善に役立つ。
ヘルスケア
無料アプリ内課金あり
リリースiOS687287242リリースAndroidjp.co.greenhouse.asken
最終更新
ブックマークする

売上ランキング(セルラン)

セルラン長期推移

あすけん
の直近24カ月間 売上ランキング(セルラン)

App Store平均 ベスト166ワースト圏外
Google Play平均 ベスト198ワースト圏外

セルラン月間推移

App Store月間 ベスト81ワースト圏外
Google Play月間 ベスト183ワースト圏外

2024年1月App StoreGoogle Play
1圏外圏外
2圏外圏外
3圏外圏外
4圏外圏外
5176圏外
6165圏外
7166圏外
8154圏外
9136圏外
10126圏外
11126圏外
12140圏外
13149圏外
14151圏外
15144圏外
16123圏外
1795圏外
1881圏外
19121186
20191186
21圏外183
22圏外188
23179189
24169195
25177195
26圏外圏外
27圏外圏外
28圏外圏外
29199圏外
30181圏外
31176圏外
月間平均
166
*不正確
月間平均
198
*不正確

登録者数

  • この指標は、現会員数ではなく退会者を含む累計登録者数を指します。

国内登録者数推移

登録者数
2007年12月サービス開始
2016年10月100万人
2018年4月200万人
2019年5月300万人
2020年4月400万人
2021年1月500万人
2021年7月600万人
2022年4月700万人
2022年12月800万人
2023年7月900万人

あすけんは、2007年12月にサービスを開始し、国内での登録者数は2023年7月時点で累計900万人を突破したことが報告されています。

開発・運営情報

asken
asken (アスケン)
主国籍
会社紹介

2007年10月に設立された東京都新宿区に本拠を置く、学校や企業向けフードサービスを提供するグリーンハウスグループの子会社で食生活改善アプリ『あすけん』の開発・提供するヘルステックカンパニー。

レビュー

あすけんをプレイしてみた評価を教えてください。

プレイしてどのぐらい面白く・魅力を感じたか?

他作品と比べて音楽やグラフィックの出来は?

始めるタイミングで有利不利なく楽しめるか?

楽しむのにどれぐらい課金が必要に感じたか?

習熟までの操作やシステムはわかりやすいか?

サポート対応・更新頻度や内容には満足か?

  • 総合評価 4/5
    使いやすいけど改善の余地あり

    筋トレ始めたので、食事管理のために入れてみた。(課金済)
    総括として、入力のしやすさやアイテム数の多さ、ヘルスケアアプリとの連携など必要十分な機能がそろって適切な価格でおおよそ満足しているが、アプリ自体の UI/UX (特にグラフ周り)はまだまだブラッシュアップできそうに思えた。

    【良かった点】
    - バーコード入力機能:
    圧倒的に楽。こういう習慣アプリはめんどくさくてすぐ離脱するので、入力コストの低さは継続に大きく寄与してる。
    - アイテム数の多さ:
    バーコード入力機能と併せてシナジーを発揮。バーコードが付いてないアイテム(バナナとか)も1本といった一食で摂る量が項目化されていて使いやすい。
    - Apple ヘルスケアアプリとの連携:
    健康に関するトラッキング項目はすべてヘルスケアアプリで管理してて、摂取カロリーだけでなく各栄養素も記録されるのは嬉しい。
    - 毎日の必要栄養量との差分:
    健康維持の目安としてわかりやすくて良き。
    - 価格:
    MyFitnessPal も使ってみたが、UI/UX は本アプリより良かったけど、余計な機能をつけて値段を上げてる印象。

    【改善点】
    - 摂取栄養グラフ:
    特にクリティカルと感じた点。摂取栄養素グラフで食品・お菓子・サプリで色分けされてるが、どのアイテムがどのカテゴリに含まれてるのか詳しく見れない。例えば過剰摂取の場合どのアイテムが悪さしてるのか判断できないので食事改善というアクションに繋がらない。ただの自己満のためのグラフに感じる。せめてPFCバランスだけでいいから、内訳(アイテム)がわかるようにして欲しい。
    - 消費カロリーグラフ:
    基礎代謝を入れたほうが正確なので、それ混みのグラフにした方が良いと思う。あとヘルスケアでの消費カロリーと一致しないのがすごく気になる。
    - UI/UX:
    画面がゴチャついててぱっと見かなりわかりにくいと感じた。それに UI がちょっと古臭いのも気になった。間食だけ栄養グラフも見れないし時間も記録できないのも謎。

    【使ってない機能】
    - みんなの日記
    - チャレンジ

    App Store
  • 総合評価 5/5
    私のパーソナルトレーナー

    AppleWatchとアプリのタッグで、2週間で3kg痩せました。
    全然つらくないゆる糖質オフダイエットで、食べたものを全て記録していく癖がつきます
    頑張ったらちゃんと褒めてくれます
    それが嬉しくて笑笑

    逆に脂質や糖質が基準をオーバーしていたら、
    すごくガッカリされます…
    少し悲しくなるのと悔しいので、次の食事で気をつけるようになります笑笑

    記録を始めた当初は、好きなものを好きなだけ食べていたのですが
    アプリのアドバイスや、栄養グラフを基準に収めて褒められたい!と言う欲がでて笑笑
    食事にも気を使うようになります。

    当方の性格の部分が大きいですが、
    すぐに影響を受けやすいのもあり、食生活がインスタント等すぐに脂質や塩分が基準を超えるものをさけ、野菜を良く摂るようになりました。
    これまで大好きだったものを食べても美味しく感じないのです…

    この部分は、いわゆるレコーディングダイエットではないでしょうか?
    昔は手帳に食べたものを記載していましたが、ただただ日々の日記になるだけでちっとも変化はなかったのだけど、
    今はこのあすけんとApple Watchにお尻を叩かれて、毎日のレコーディング+体重測定+30分ウォーキングで2週間で3kg落ちました。

    身体は元気になるし、何より痩せる技術が身につく点が1番得られる特典かなと

    難点としては、既存の商品名が検索で引っかからない物も多数あるので近い物で代用するしかない点でしょうか(リクエストはするが直ぐに反映するのかどうか)同じシリーズで限定の味とかでてたら、本当に困ります
    そこは、カロリーだけを書き換えてとりあえず選択する
    栄養素は大きくは変化ないと思うので、
    これくらいの緩さを許せない人にはストレスになってしまうかもです。

    これからもアプリとApple Watchを信じて頼りきって笑笑
    健康になろうとおもいます♪

    App Store

アプリの入手・公式サイト